boy-1113806_640

親愛なるわが友と、感情が乏しく対人恐怖感に苦しむみんなへ。

きみは自分を、うつ気味のソシオパスって言うけどさぁ、それ、ソシオパスじゃないと思うなぁ。ズミィは。

ソシオパスって、社会病質者って訳すんだってね。なんだか人聞き悪いねぇ。

ソシオパスの特徴?ええと・・・

1、過大な自我の持ち主である。

2、嘘をついて、人を操るような行動を示す

3、共感の欠如

4、無責任な行動や、あまりにも衝動的な行動を取る

5、恐ろしい状況、危険な状況でも、不気味なほど落ち着いている

6、自責の念や羞恥心の欠如

7、魅力的である――ただし、表面的に。

8、友人がほとんどいない

9、「楽しいかどうか」を人生の行動指針にする

10、社会規範の無視

かぁ。ふんふん、ナルホドナルホド。

きみは、自分があまり他人に対して感情が働かないことや、他人を駒のように使ってしまうことを理由に、自分は恐らくソシオパスなのだろうと判断したようだけど、ズミィは違うと思うよ。

まず第一に、自己愛が強いソシオパスが、他人の評価を気にしてうつに陥るだろうか?

きみがうつになったのは、他でもない。それだけ他人の存在を大きく評価しているからでしょう。

そして第二に、きみは他人を駒のように扱ってしまうことに罪悪感を持っているようだけど、ひとつ聞いてほしい。

きみは、恐らく嫌いな人の言うことを聞かないだろうけれど、我々だってそれは同じ。

きみが駒のように思っている人たちが、何故きみの言うことを聞いているかというと、それはきみが好きだからだよ。

だからきみは、人に用事を頼んだり指示を下したりすることに、罪悪感なんて持たなくてもいいんだよ。

みんなきみが好きで、きみの役に立ちたいから動いているんだからね。

みんな友達なんだから、むしろもっと気楽に用事を頼めばいいよ。

さて三つ目。

きみは自分の感情があまり動かないことに付随して、自分は過保護に育てられた、と話してくれたね。

きみはきっと、お父さんやお母さんと、激しいケンカなんてしたことがないんだろうな。

ズミィ、あれから考えたんだけど、人間って子供の頃に、親や友達とケンカしたり、理不尽に怒られたり、侮辱されたりを繰り返していくうちに、感情が形成されていくんだと思うのね。

きみの場合、小さい頃にこうした経験が少なかったために、心の動きが鈍いまま大人になっちゃったんだな。

普通、小さい頃に済ませておくべき「儀式」を、今になってやるはめになった。

これはかなりキツイよね。

人の言動が怖かったり、過敏に反応してしまうのは、ズバリ感情の動きが鈍いことが原因なんだ。

感情の動きが鈍い=人の感情がよく分からない=人とのやりとりのシュミレーションが出来ていないってこと。これ、OK?

人間は通常、人と会話する時、「わたしがこう言ったら、この人はこう反応するだろうな」というシュミレーションを無意識のうちに、過去の経験を参考にしながら数パターン用意しているものなんだ。

そして相手が、例えば怒った時は、過去他の人に怒られた経験を思い起こしながら、「今度はこう言ったら、この人の怒りが沈静化するだろうな}というシュミレーションに移行する。

シュミレーションパターンが多い人ってのは、それだけ過去にたくさん感情が揺り動かされた経験のある人だと思うよ。

きみの場合は、その経験が薄いので、シュミレーションを立ててもことごとくハズレてしまい、そのたびに「どうして?こんなはずじゃないのに」と傷ついてしまう・・・。

本当に、つらかったね。

今までよく頑張りました。

さて、そんなきみが人の言動を気にしなくなる方法を考えよう。

上記に挙げた理由の通り、ズミィはきみが「感情を動かす練習」をすればいいんじゃないかな、って思う。

別に無理やり人とケンカしてみたり、無理やり泣いたり笑ったりしろって言ってるんじゃないよ。

そうだな・・・。ズミィがきみだったら、本や映画を見ながら、主人公に感情移入するようにして、色んな対人パターンのシュミレーションをするかな。

今はうつの症状が強くて、文字を追うのが億劫だと思うから、映画のDVDを見たり、漫画を読んだりでいいと思うよ。

pirate-962571_640

その際に、物語を頭で理解する観賞の仕方ではなく、なるべくボ~ッとしながら、「この主人公は自分だ・・・」と思うようにする。

漫画だったら、実際に主人公のセリフを声に出してみてもいいだろう(誰もいないところでねw)

それを繰り返すうちに、人に怒られたときの回避パターンであるとか、その場の上手い取り繕い方のパターンなどが、自分の中にいくつもいくつも出来てくる。

その数の多さが自信となって、いつの間にか人と相対することが楽しくなるはずだよ。

ただし、時間はかかるかもしれない。

きみはまだ、十分に若いのだから、どうか先を焦らず、数年掛かりのプロジェクトだと思ってやってみてほしい。

ズミィはきみが生きるのが楽になるまで、(きみがどんなにウザがろうともw)ずっと応援しています。

他の仲間たちだって同じです。

きみが心からニコニコする日を、楽しみに待っているはずです。

ズミィはおせっかいだから、たまにこういった良く分かんない提案をしていくでしょうが、すべてきみを思っての言動なので、どうか気を悪くしないでくださいね。

では、今日はこの辺で。

面白い映画が見つかったら、ズミィにも是非教えてください!

ズミィより。

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket