nepal-406_1280

 

吊り橋理論をご存知でしょうか?

吊り橋理論とは

カナダの心理学者、ダットンとアロンによって1974年に発表された「生理・認知説の吊り橋実験」によって実証されたとする学説。「恋の吊り橋理論」とも呼ばれる。

生理・認知説は人は生理的に興奮している事で、自分が恋愛しているという事を認識するというもの。実験のみで厳密に立証されているわけではないがおおむね正しいとされている。

実験は、18歳から35歳までの独身男性を集め、渓谷に架かる揺れる吊り橋と揺れない橋の2か所で行われた。男性にはそれぞれ橋を渡ってもらい、橋の中央で同じ若い女性が突然アンケートを求め話しかけた。その際「結果などに関心があるなら後日電話を下さい」と電話番号を教えるという事を行った。結果、吊り橋の方の男性からはほとんど電話があったのに対し揺れない橋の方からはわずか一割くらいであったというものである。揺れる橋での緊張感を共有したことが恋愛感情に発展する場合があるという事になる。

簡単に言うと、「異性と一緒にいる時に生理的に興奮する状況を作れば、恋愛感情が芽生えやすい」という現象のことを吊り橋理論といいます。

デートの際に、ホラー映画を見る。遊園地に行きジェットコースターに乗る。お化け屋敷に入る。などが一般的ですが、今回は、理論を一歩すすめてより効果を得るためのスペシャル吊り橋理論について考えていきたいと思います。

闇鍋なんてどうでしょう?

異性を誘う機会があれば全力で、闇鍋を提案してはどうでしょうか?誘い方は簡単です。

「本当にいいものはとても少ない。何でもそうだよ。本でも、映画でも、コンサートでも、本当にいいものは少ない。ところで僕(わたし)は、本当にいい闇鍋について知っているんだけど、良かったら家に来ない?」

こんな感じでどうでしょう?さらに付け加えるなら

「闇鍋に使う鍋なんだけど、すごくいい鍋なんだよ。値段はちょっと高いんだけど、NASAが開発した注射器の針にも使われている合金で出来ていて、人体にやさしいんだよ?鍋って食材を長時間火にかけるから、本当にいいものじゃないと困るよね?もしよかったら君にもおすすめするよ。」

ドキドキですよね?

余談ですが、記者は、道を歩いていて「ティーパーティー」に誘われたことがあります。ついていくと、そこにはティーもパーティーも存在せず、目の前50センチの至近距離で6人の女性に「運気が上がるダンス」というのを踊られました。その後、90分間、素晴らしい人生に関するビデオを上映され、ビデオの良かったところを5個以上話せと迫られました。どういうメンタリティーでこれをやっているんだろう?と思うとドキドキして6人の中の一人の女性に完全に恋してしまいました。しかし、胸が張り裂けそうになりながら、「ガスの元栓締め忘れた気がして不安になってきたので帰ります。」と言って帰りました。

そのような出来事がその年3回ありました。さらに、「飲み会」に参加したら、なぜか「マルチの説明会」ということが5回ありました。記者は、そのたびに恋に落ちそうになり、何らかの急用を思い出し、胸が張り裂けそうになりながら、会場を後にしました…。

話を戻します。

そうやって、あなたの闇鍋の提案を受け入れて、部屋についてくる異性はもうドキドキ∞です。あとは、闇鍋を開始するだけです。

しかし、ここでもう一つフェイクを入れます。トマトとモッツァレラのカプレーゼとか燻製した自家製の豚肉などを出していい意味で相手の期待を裏切っていきます。

人生という吊橋を楽しむためにぜひお試しください。

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket