犯人は踊る

IMG_1513

先日3回目のデザイン変更があり、現在は”第三版”が発売されています。

写真の右が初版、左が第三版です。

僕はこのカードゲームを愛して愛して、とにかく物凄い回数プレイしています。ルールが簡単で、インストは1分で済みます。プレイ時間も短く、手札が4枚しかないので、最も長い時間プレイが続行しても、4周した時には必ず勝敗が決まります。そして内容もかなり軽いので、幼稚園児(年少)からプレイできます。プレイ人数は3〜8人となっていますが僕的には5人〜7人が好きです。ですが4人でもやっちゃいます。つまり、年齢、人数、時間、全てにおいて幅広く構える事ができるので、それだけチョイスされやすいゲームなのです。

僕の大好きな正体隠蔽系のゲームです。犯人カードを持っている人を探偵カードを使って当てるという基本進行がありますが、ルール説明は省くという僕の紹介コーナーの鉄則により、省いてしまいますが、近いタイミングで僕と会う予定の方については、このゲーム持ち歩いていますので、強制的にプレイする事となります。

 

IMG_1514

あまりにもやりすぎてカードがボロボロになってしまい、裏から見ても何のカードかキズや折れ方でわかってしまうようになってしまい、カードスリーブに入れてプレイしていました。なんと可愛いカードスリーブなのでしょうか。

 

IMG_1515

第三版になり追加されたカード”少年”です。これによりもっと正体隠蔽系度が増しました。

いやぁ、素晴らしいゲームです。すごくオススメです。

 

 

 

LINEで送る
Pocket