homegoro

LINEグループに届いたなんてことないメッセージ、

 

返信するかしないか迷うことはありませんか?

 

 

 

そのままスルーしてもいいけど、既読がついてしまって何か返さないと後味が悪い。

 

 

そんな経験ありませんか?

 

 

スタンプでお茶を濁そうにも、ちょうど良い返しになるものがない。
迷っている内に時間が経ち過ぎて、相手に優柔不断と思われてしまうかも…。

 

 

 

そんな不安にかられたことはありませんか?

 

 

いつもスタンプで異性と上手にコミュニケーションをとっている友達がいませんか?

 

 

彼を羨ましいと思ったことは?

 

 

ユーモアセンスを披露しようとして個性的なスタンプを購入するも、

 

 

誰からも何も反応が無かったことありませんか?

 

 

せっかくLINEグループに入ったのに、発言のタイミングが上手くいかない。

 

 

 

気がついたら自分以外のメンバーだけで盛り上がっている

 

そんな疎外感を感じたことはありませんか?

 

 

 

 

 

そんなLINE難民のあなたに朗報です!

 

 

 

あなたのLINEにまつわる全ての問題を一瞬で解決する方法があります。

 

 

 

それが『褒め殺しスタンプ』です!

https://store.line.me/stickershop/product/1230714/ja?packageId=1230714

 

 

LINEでのやり取りの問題の90%は、

「すぐに返信する内容を思いつかない」

 

という反応速度に関するものと言われています。

 

 

なぜあなたは返信に迷うのか……。

 

 

それは、あなたが100点の返しを探してしまっているからに他なりません。

 

 

相手のメッセージに対して最適解を探してしまった時点であなたの迷いが始まっていませんか?

 

 

手持ちの色々なスタンプを選んでは辞めて、

 

選んでは辞めて、

 

文章で返そうにも、

 

何かそっけない感じがして送信できない……。

 

 

 

 

さあ、あなたの問題の本質を見てみましょう。

 

 

 

『相手に良く思われたい』

 

 

この願望があなたの心にありませんか?

 

 

もしくは、

 

『相手に悪く思われたくない』

 

 

あなたの指を迷わせるのはこんな気持ちからではないですか?

 

 

そう、本質的な問題はあなたの虚栄心不安感にあるのです。

 

 

今のあなたは心の中のドロドロとした沼地に足をとられている状態なのです。

 

 

その沼から一気に抜け出して、LINE上で軽快なコミュニケーションのラリーを楽しみたいとは思いませんか?

 

 

 

軽やかな指使いで、即効性のある気の利いたスタンプの送信ボタンを気持ちよくタップしたいですよね?

 

 

ここで、一度引いた視点で考えなければならないことがあります。

 

 

 

それは……、

 

 

 

 

 

送信した相手も同じ気持ちを持っている

 

 

ということ。

 

 

 

だからLINEでのコミュニケーションは、まずは精度よりも速さが重視されています。

 

 

特に異性とのやり取りであればなおさらです。

 

 

送信した相手を既読がついた瞬間に安心させる=返信する必要があるのです。

 

 

 

もちろん関係が深まってきて、大きな約束をする場合などは熟考が必要です。

 

 

でもそれはあなたの得意なフィールドですよね。

 

 

あなたの苦手とするLINE上での軽妙なラリー。

 

 

その問題解決の一手をお教えします。

 

 

それが『褒め殺しスタンプ』です。

https://store.line.me/stickershop/product/1230714/ja?packageId=1230714

 

 

コミュニケーションの本質は「どう褒めるか」にあることは周知の事実ですが、

 

そのポイントを絶妙なバランスで抑えているのがこの『褒め殺しスタンプ』なのです。

 

 

褒め:ユーモアを黄金比率の7:3で配分するように、このスタンプでは計算されています。

 

 

このバランスは文字と絵で絶妙に調整されています。

 

 

そこには相当な発想力と画力が必要になってくるのは容易に想像が付くことでしょう。

 

 

なぜこれだけの豊富な褒めのキーワードが湧き出てきたのか……

 

 

 

それには秘密があります。

 

 

実はこの文言、文章のスペシャリスト達が80人掛かりで取り組んだ成果なのです。

 

 

 

どうやって人を褒めることができるか。

 

 

 

褒めるということはどういうことなのか。

 

 

 

小説家、ライター、漫画家、コラムニストなどなど様々な分野のスペシャリストが集まるクリエイター集団『めさき出版』(http://blog.mesaki.link/)が総力を上げて紡ぎ出した言葉達なのです。

 

 

 

そしてこの不思議な魅力を放つ絵ですが、

 

 

 

もうお気づきの方も多いかもしれません。

 

 

 

一見すると拙く感じるかも知れませんが、言葉とのバランス、ユーモアを絵で調整する卓越した技術を持つ実力者の仕事なのです。

 

 

作者「天野雀」氏はただ上手く見える絵ならいくらでも描ける絵描きです。

 

 

 

例えばツイッターアカウントの絵をご覧ください。
https://twitter.com/b0mb00/media?lang=ja

 

 

 

例えばこのスケッチ。
https://store.line.me/stickershop/product/1230714/ja?packageId=1230714

 

 

 

上手く見せる絵ではなく、伝わる絵を。

 

 

そして言葉と合わせて、LINEでのコミュニケーションに必要な最適なバランスをコントロールしているのです。

 

 

 

絵がモノトーンなのも、ユーモアのバランスを保つための戦略であり、相手に伝わることを最重要視した結果です。

 

 

 

そんな究極のLINEコミュニケーションツール『褒め殺しスタンプ』が、

 

 

何と120円で販売されているのです。

https://store.line.me/stickershop/product/1230714/ja?packageId=1230714

 

 

あなたのLINEシーンで、

価格の10倍~1000倍の価値を提供するスタンプです。

 

 

発売してすぐに、

 

 

「使い勝手が良い!」

 

 

「仲間内ですぐに流行った」

 

 

 

「意中の娘から頻繁にメッセージが送られてくるようになった」

 

 

「部下を褒めるのに最適!」

 

 

「自分のLINEグループでこのスタンプが流行った」

 

 

「妹に送ったら即買いした」

 

 

 

 

などなど、多数のご好評の声を頂いております。

 

 

あなたにとって、最も重要で、最もパワフルなスタンプ、

 

 

『褒め殺しスタンプ』はこちらからお買い上げください。
https://store.line.me/stickershop/product/1230714/ja?packageId=1230714

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket