riri

見せたい物の焦点を絞るということの効果がわかる映画。

 

現在公開中の映画「リリーのすべて」(トム・フーパー監督)について語る。

性同一性障害、トランスジェンダーがテーマとなっているが、テーマ自体の説明的な部分は極力省かれている。

それは現在の性事情のリテラシーを鑑みてバランスをとっているのだが、その加減が絶妙だと思う。

我々にはもはや性適合に関しての微細な説明は必要無い。肌感覚として、何となくだが理解できるのだ。

それは先人達がジェンダーに関する問題に取り組んできた成果である。

その代表が本作の「リリー」のモデルであり、世界初の性別適合手術を受けた人物「リリー・エルベ」といっても良いであろう。

————————————————————————————————————————-

『リリーのすべて』(原題: The Danish Girl)は2015年にアメリカ合衆国、イギリス、ドイツで製作された伝記映画である。監督はトム・フーパー、主演はエディ・レッドメインが務める。
原作は世界初の性別適合手術を受けた人物・リリー・エルベを題材とした、デヴィッド・エバーショフによる小説「The Danish Girl」(2000年刊行、邦題: 「世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語」、本作の公開に合わせて「リリーのすべて」のタイトルで再出版)である。
なお、本作は史実からは脚色されており、エルベが女性として暮らすようになった時期や結末等は実際とは異なる。

 

あらすじ
1926年のデンマークの首都コペンハーゲン。肖像画家のゲルダ・ヴェゲネル(英語版)は、風景画家の夫・エイナルと暮らしていた。ゲルダの画家としての名声はエイナルに及ばなかった。ある日、ゲルダが制作中の絵(女性ダンサー)のモデルが来られなくなり、エイナルに脚部のモデルを頼む。それを見たゲルダは、冗談でエイナルを女装させ、「リリー」という名の女性として知人のパーティーに連れて行ったが、リリーが男性と親しげにする姿に当惑する。しかしその後もエイナルはリリーとして男性と密会を続けていた。ゲルダはリリーをモデルとした絵を描き、画商から評価を受ける。エイナルに対して、ゲルダは自分の前では男でいることを望むが、エイナルは「努力してみる」としか答えず、パーティーの出来事が女装のきっかけではないと打ち明ける。やがて、エイナルはリリーとして過ごす時間が増え、絵を描くこともやめてしまう。ゲルダはエイナルを医者に診せるが、そこでは精神疾患という扱いしか受けなかった。
ゲルダの絵に対する引き合いを機に夫妻はパリに移った。パリにはエイナルの幼馴染みの画商・ハンスがおり、ゲルダはエイナルの真実を打ち明ける。話を聞いたハンスはゲルダの力になるべく、エイナルに数人の医師を紹介するが、やはり精神疾患という診断しか下されなかった。しかし、「それは病気ではない。エイナルの言うことは正しい」という医師が現れる。この医師はエイナルに先例のない性別適合手術の存在を告げ、エイナルは手術を受けることを決断する。

キャスト
エディ・レッドメイン – リリー・エルベ(エイナル・モーゲンス・ヴェゲネル)
アリシア・ヴィキャンデル – ゲルダ・ヴェゲネル
ベン・ウィショー – ヘンリク
アンバー・ハード – オーラ
マティアス・スーナールツ – ハンス
セバスチャン・コッホ – ウォーネクロス
エメラルド・フェネル – エルサ
エイドリアン・シラー – ラスムッセン

~ウィキペディアより~

————————————————————————————————————————-

本作におけるジェンダー的な部分の悩みや葛藤はあえて説明するまでもない。誤解を恐れずに言えばシンプルで一般的なものである。

「心は女性だが体が男性」問題だ。

だがその描写の集中力、焦点の当て方に独自性が感じられた。

この映画の伝えたいことは2点に絞られている。

 

1.エディ・レッドメイン演じる主人公が、男性から女性へと変化していく(還っていく)こと

序盤から終盤まで、女性化が進んでいくエディ・レッドメインの名演を余すところ無くフィルムに収めている。

特に、性器を股に挟み込んでドヤ顔をするシーンは圧巻。

のぞき部屋で嬢の動きをトレースするシーンでは、絶妙のカメラワークで文字通り焦点を変化させることで、リリーがよりリリーになっていく様を見事に表現した。

女装している男性、女装がばれていないか不安な男性、心は女性なのに体が男性であることに違和感を感じている男性、女性としての意思を持つ女性、などなど、複雑な状況のリリーを演じ分けているエディ・レッドメインは性別を超えた魅力を感じさせる。

 

 

2.アリシア・ヴィキャンデル 演じる主人公の妻「ゲルダ」の夫を愛する気持ちと、夫を救いたいと思う気持ち、この2つを求めた結果の葛藤

本作はゲルダの視点からの描写が多く、実質の主人公と言ってよいと思うのだが、とにかく複雑な心境と報われない状態に追い込まれる。

最初は夫婦二人で夫のジェンダー問題に取り組むのだが、やがて夫はリリーになってしまい、彼女が愛する夫は存在が消えてしまうことになる。

夫の望みを叶えれば夫はリリーになり、それはゲルダにとっては愛を全うすることなのだが当然割り切れない。割り切れないがズルズルと夫の女性化を受け入れていくより他なくなってしまう葛藤をこれまた見事に演じている。

 

この2点において本作は素晴らしいのだが、逆を言えばそれ以外の部分はなかなかにおろそかに感じた。

絵作りは違和感を感じないぐらいに申し分ない作りになっているのだが、その分だけ記号的な使われ方をしている印象が残る。

だがそれで良いのだと思う。

コペンハーゲンとパリとの移動を風景カットでサクッと表現するのも、淡白だがそれで良いのだ。

テーマにフォーカスすることで伝える力が集約しているのは素晴らしいと感じた。

 

今回、劇場にてとても良い映画体験をした。

4つほど離れた席にゲイカップルが座っていたのだが、彼等は終始この映画にウケていた。

何度も吹き出していたのだ。

それはどうも「あるある」を感じている部分と、彼等から見るとユーモアに見えるシーンに反応していたようなのだ。

そういう視点から見ると、確かにこの映画にはユーモアと取れる部分もたくさんあるのだ。

これは一人で観ていたら絶対に感じ取れなかった感覚であり、映画館ならではの素晴らしい体験だった。

 

後半に向けて、グッと魅力的になっていくエディ・レッドメインは一見の価値有り。

トム・フーパー監督「リリーのすべて」、映画館で観て欲しい。オススメだ。

 

 

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket